ファクタリングの債権流動化とは? 仕組みと債権流動化のおすすめ方法

債権流動化は日本社会で深刻な問題になりつつあります。

日本の売掛債権は75兆円あると言われ、国家予算並みに膨れ上がっています。

経済産業省中小企業庁では「売掛債権の利用」が促進されています。

売掛債権の利用促進について

経済産業省中小企業庁では、中小企業者が不動産担保に過度に依存せずに資金調達ができるよう、売掛債権担保融資保証制度を創設し、普及を進めています。
売掛債権担保融資保証制度は、売掛債権を担保とした中小企業者の借入について信用保証協会が保証を行うものです。

経済産業省 売掛債権の利用促進について

売掛債権の流動化については以下の3つの方法があると言われ、特にファクタリングが今、非常に注目されていまう。

  • ファクタリング
  • 売掛金債権担保融資
  • 売掛債権の証券化

参考:ファクタリングとは?

今回はファクタリングによる債権流動化について、ファクタリングを利用した人の感想を聞いて行きたいと思います。

[ファクタリングの債権流動化] 株式会社ZERUTA 七福神/給料債権ファクタリング

まとまったお金が必要になり、株式会社ゼルダが提供する七福神/給料債権ファクタリングを利用した経験があります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがありますが、私が利用したのは2社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングは、カードローンやキャッシングと比較すると手数料が高く、金利換算するととても割高になってしまうため利用するかどうか迷いましたが、審査が甘く、来店する必要もないという手軽さにも魅力を感じたので利用することにしました。

2者間ファクタリングを選択したというのもありますが、勤務先の承諾が必要ないので勤務先に知られることもありませんでしたし、即日に資金化してもらい本当に助かりました。

申し込みをした時の受付の方の対応もとても親切で、分からないことも丁寧に説明してくれたのでとても好印象でした。

ファクタリング会社は免許制度がないため信用できるのか利用する時は不安に感じていましたが、実際に利用してみるととても便利なサービスだと感じました。

私は過去に一度しか給料ファクタリングを利用したことがありませんが、利用してみて信頼できるということが分かったので、今後また利用する機会があるかもしれません。

[ファクタリングの債権流動化] 七福神による流動化の促進

急な入用でどうしてもお金が必要になり、ネットで調べていたところ七福神の給料ファクタリングを見つけたので利用しました。

ウェブサイトでは最短当日融資と書いてあったので急いで申し込みをしました。

ネットからの申し込みで完結することや保証人や担保が要らないことなど、とても簡単に申し込みをすることが出来てお手軽に感じました。

また、当時は非正規雇用だったのですが、銀行や消費者金融のような審査の厳しさはなく、すんなりと審査が通ったので、比較的に審査は甘いほうだと思いました。

審査が通って振り込みを待ちましたが、さすがに当日には振り込まれませんでしたが、翌日に振り込まれたので、対応はとてもスピーディーだと思います。

手数料は以前、他社の給料ファクタリングを利用した時に、ウェブサイトで10%と書いてあったのに、なんだかんだとよくわからない手数料が追加になっていて結局30%も取られたことがあったのですが、七福神の給料ファクタリングでは、5%とウェブサイトに書いてあった通りで本当に5%しかかからず、誠実な会社だと思いました。

また5%の手数料は他社に比べてとても安くよかったと思います。

特に悪く感じたところはなかったのですが、しいて言えば最初に必要な書類で免許書や保険証、給料明細などが必要で面倒な事と、個人情報が漏れないかが少し心配になったくらいでした。

参考:給料ファクタリングとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする